症状について

腰椎椎間板ヘルニアの本当の原因と治療法①

投稿日:2017年10月26日 更新日:

こんにちは、治療界の根本原因見極め施術家、津島げんき整体院の三輪 匠です。

今日は、腰椎椎間板ヘルニアの本当の原因と治療法についてお話しようと思います。

 

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状は、パターンとして、

ぎっくり腰のように、突然激しい痛みが起きる場合と、

だんだんと腰の痛みが強くなっていく場合の2パターンあります。

 

また、ぎっくり腰を何度も繰り返していることで、

腰椎椎間板ヘルニアになってしまう場合も結構あります。

 

腰の痛みに加えて、下肢の痺れや痛み(坐骨神経痛)が出ます。

体を動かすと痛みが強くなる場合が多いので、

体を動かすことが少なくなり、イスに座っていることが多くなります。

 

腰椎椎間板ヘルニアの一般的な原因とされている問題

腰椎椎間板ヘルニアの一般的な原因とされているのは、

すこし専門的な用語を使いますと、

椎間板の周辺(線維輪)の亀裂から、椎間板の中心(髄核)が飛び出して、

腰髄の神経根を圧迫して痛みが生じるものです。

 

簡単にいうと、腰の骨と骨の間がつぶれて、中の神経が圧迫されて飛び出てしまうことで

痛みや痺れが生じるということです。

 

ヘルニアという言葉の意味は、

ラテン語で、『脱出』を意味します。

 

つまり、ヘルニアとは何らかの原因で周りの組織の圧迫に耐えられなくなった臓器

または椎間板が、組織の柔らかいところからはみ出して(脱出して)しまう

という状態のことです。

 

多くの場合、腰椎椎間板ヘルニアは、4番目と5番目の腰骨の間の椎間板か、

5番目の腰骨と仙骨の間に起こりやすいです。

 

腰椎椎間板ヘルニアの一般的な治療法

腰椎椎間板ヘルニアで、腰痛や坐骨神経痛の症状が激しい時期(急性期)は、

安静にして消炎鎮痛薬や筋弛緩剤で治療することが多いようです。

 

腰椎椎間板ヘルニアが慢性化したものに対しては、

・温熱療法

・骨盤牽引療法

・運動療法

などが用いられます。

 

よっぽど痛みが取れない場合は、硬膜外ブロック注射や神経根ブロック注射で痛みを除去します。

 

このような保存療法(手術以外の治療)で軽快する場合もありますが、

保存療法を3ヶ月以上行っても、痺れや痛みが取れなかったり、

下半身の筋力低下などの症状がある場合は、飛び出た椎間板の髄核を取り除く手術を行います。

 

 

治療効果について

しかしながら、上記のような治療を試みても、

皆さんの期待通りには行かないことが多いのです。

ブロック注射について

ブロック注射はその場限りの効果でしかない場合が多く、

薬の効力が切れてしまえば、痛みはぶり返します。

 

たまに治る人もいますが、それ以上に治っていない人が多いのが現状です。

 

温熱療法について

温熱療法は気持ちよいのですが、筋肉の深い部分までは熱が届かないので、

硬くなった筋肉を柔らかくするには役不足です。

 

体には害がないので、続けていただいても良いと思います。

 

骨盤牽引療法について

骨盤牽引療法は、骨盤を引っ張ることで腰椎と腰椎の間を広げる効果を期待して

行っていますが、人間の体は機械の様にはいきません。

 

強い力で引っ張ることで、逆に筋肉が必要以上に緊張してしまうので、

牽引をすると腰の筋肉はガチガチに硬くなってしまいます。

そうなると、下半身の冷えや血流不全につながりますのでお勧めできません。

 

これは、むち打ちの牽引療法にも言えることです。

 

手術について

医者は手術を勧めますが、手術も予後が良いとはいえないのが本当のところです。

津島げんき整体院にも、ヘルニアの手術をしたが痛みが変わらない方や、

1ヶ月くらいは痛みは取れていたが、その後からは痛みが戻ってしまったという方が

多く通っています。

 

なぜなら、ヘルニアになった原因(腰椎と腰椎が狭くなる原因)に対してアプローチできていない

からです。

 

原因が取れていなければ、再発してもおかしくないと思いませんか?

 

では次回『腰椎椎間板ヘルニアの本当の原因と治療法②』に本当の原因をお話しますね。

楽しみにしていて下さい。

津島げんき整体院~痛みで悩む人をゼロに! それが当院の理念です~

津島げんき整体院

住所
〒496-0023
愛知県津島市鹿伏兎町西43

診療時間
13:00~19:00

定休日
木・日・祝日

電車でお越しの方へ
JR関西線 永和駅より車で5分

バスでお越しの方へ
永和駅より津島市ふれあいバス Bコース
  (B-13・B-17)
神島田祖父母の家より南に歩いて30秒


メールでのご相談・お問い合わせは、こちら

0567-740640

-症状について

執筆者:

関連記事

no image

更年期障害のホットフラッシュ、イライラ、ほてりの本当の原因とは?

こんにちは、治療界の根本原因見極め施術家、津島げんき整体院の三輪 匠です。 今日は、更年期障害についてお話しようと思います。   更年期障害を放っておくと・・・ 更年期障害は主に女性が多いの …

no image

不定愁訴と自律神経失調症と首コリの関係性

こんにちは、津島げんき整体院の三輪です。 今日は、不定愁訴と自律神経失調症についてお話します。   不定愁訴と自律神経失調症について 春先のこの時期は、不定愁訴と自律神経失調症を訴える人が増 …

no image

なかなか治らない膝痛の原因は?

こんにちは、津島げんき整体院の三輪です。 今日は、なかなか治らない膝痛についてお話します。   膝痛について みなさん、膝痛ってなかなか治らないと思っていませんか? 膝の痛みで悩んでいる方は …

no image

筋肉を使いすぎること(筋肉痛)で起こる腰痛

こんにちは、津島げんき整体院の三輪です。 世の中のほとんどの腰痛の原因は3つに分かる事が出来ます。 ①腰の筋肉の使いすぎ ②腰の筋肉の使わなさすぎ ③骨格のゆがみ です。   ②については、 …

no image

肩こりを悪化させる日常の行為とは?

こんにちは、治療界の根本原因見極め施術家、津島げんき整体院の三輪 匠です。 今日は、肩こりを悪化させる何気ない行動についてお話しようと思います。 肩こりを悪化させる行動とは? お子さんやお孫さんが、お …