院長一言コラム

小さい子供の発熱って心配ですよね。

投稿日:2017年5月13日 更新日:

こんにちは、津島げんき整体院の三輪です。

僕にも7歳と3歳の子供がいますが、小さい子供の発熱って心配ですよね。

本人に聞いても言葉足らずでよく分からないし・・・

僕もそんな経験してきました(^^)

で、信頼できる小児科の先生に教わったことを皆さんにもシェアしますね。

 

子供がまだ小さいと、熱が高いと心配で、早く熱を下げてあげたいと思いますが・・・

熱が出るということは、体の自然治癒力の『免疫反応』によって起こります。

ウイルスや細菌に対して、体が攻撃態勢を整え、戦っている証拠なのです。

 

解熱剤で熱を下げた場合と、何もしない場合を比べてみると、

解熱剤を使わないほうが早く治るというデータがあります。

 

解熱剤は、発熱によるつらい症状(だるい、痛い、寝れないなど)を軽減するだけのものなので

病気自体を治すものではないのです。

ですから、出来るだけ使わないことをお勧めします。とのことです。

 

とくに、インフルエンザを水痘にかかっている子には

解熱剤を使ってはいけません。

いろいろ合併症を起こすことも知られていますが、

その中でも重篤な脳障害をおこす可能性があります。

 

解熱剤を使うと、熱が下がって病気が良くなったように見えますが、

治ったわけではなく、

さらに、こじれているのを見逃す可能性が高くなるので注意が必要です。

 

熱を下げることより、発熱の経過を見るほうが大事です。

 

※子供の発熱とは、37.5℃以上の事をいいます。

 体温は個人差がありますし、1日中同じではないので、

 1日3回くらいは体温を測り、熱の変動を見てください。

 病気の原因によって、熱が持続したり、変動したりする場合があります。

 

結論から言うと、

発熱するということは、侵入してきたウイルスや細菌に対する正常な反応ですので、

解熱剤をむやみに使わないほうが良いということだそうです。

(特に8歳未満の乳幼児では)

 

以上が、小児科の先生のお話です。

 

東洋医学でも、インフルエンザや風邪は薬を飲まないほうがスッキリ治るという事を

色々な流派や、先生が話しています。

僕自身も薬はまったく飲みません。

自分で治してしまいますから(^^)

津島げんき整体院~痛みで悩む人をゼロに! それが当院の理念です~

津島げんき整体院

住所
〒496-0023
愛知県津島市鹿伏兎町西43

診療時間
13:00~19:00

定休日
木・日・祝日

電車でお越しの方へ
JR関西線 永和駅より車で5分

バスでお越しの方へ
永和駅より津島市ふれあいバス Bコース
  (B-13・B-17)
神島田祖父母の家より南に歩いて30秒


メールでのご相談・お問い合わせは、こちら

0567-740640

-院長一言コラム

執筆者:

関連記事

no image

慢性腰痛で掃除もままならなかったのに雪かきまで出来るように!

こんにちは、治療界の根本原因見極め施術家、津島げんき整体院の三輪 匠です。 今日は、慢性腰痛で苦しんでいたのに雪かきまで出来るようになったというお話を しようと思います。   この方の慢性腰 …

no image

津島げんき整体院の施術は不思議?

こんにちは、愛知県津島市で2分で根本原因を検出し、無痛で改善させる専門院、 津島げんき整体院の三輪です。 常連さんとお話していても、津島げんき整体院の治療は不思議だね~って 言われます。 もう1年以上 …

no image

くしゃみ、鼻水、目の痒み、つらい花粉症ですがほんとに花粉のせい?

こんにちは、津島げんき整体院の三輪です。 今日は、くしゃみ、鼻水、目の痒み、つらい花粉症ですがほんとに花粉のせい? というお話です。   現在、多くの日本人が花粉症でつらい思いをしていますよ …

no image

子供の発熱による『けいれん』と『脳炎』が心配

こんにちは、津島げんき整体院の三輪です。 前回から子供の発熱についてお話してきましたが、発熱に関してこんな声もあります。 子供の発熱による『けいれん』と『脳炎』が心配です! 確かに・・・   …

no image

頭痛の原因①

こんにちは、津島げんき整体院の三輪です。 今日は、頭痛の原因についてお話します。 頭痛持ちの方は多いですよね。特に女性が多いです。 製薬会社の調査によると、 頭痛の人は2000万人以上にのぼると言われ …